都内出張着付け、北欧手織り。http://asakubokimono.com くらしのぬのhttp://kurashinonuno.com


by asaqoo999

くらしのぬの

いままで、手織り作品の販売は個人名で行っていましたが、こちらのブランドを新しく立ち上げることにしました♪

くらしのぬの

作品は、いままで通りこちらでお求めいただけます。
iichi/kurashinonuno

それに伴い、ブログも引っ越しします♪
くらしのぬのブログ


ただいま、着付けのホームページとブログも準備中でして、織物と着付のサイトおよびブログは別運営となります。
引き続き宜しくお願いします<(_ _)>
[PR]
# by asaqoo999 | 2016-01-26 11:35 | 手織り | Comments(0)

卒業式の着物〜袴〜

麻くぼきもの出張着付


卒業式、入学式、結婚式、七五三…せっかくだから着物を着たい。また、お母さんの着物がたくさんあるけど、どう活用したら良いか分からない…こんなとき、どんな着物を着たら良いんだろう?という疑問に、シリーズで記事を書いていきたいと思います🎵


まずはそろそろ近づいてきた卒業式シーズンから。


今年ご卒業される皆様、おめでとうございます。


大学生の方の定番は「袴」ですよね。一般的に、というか、レンタルされると袴に合わせるのは中振袖がセットになっていることが多いと思います。

でも、ご自身の成人式のときの振袖をお持ちの方は振袖を袴に合わせても素敵ですよ!もちろん、振袖として着用しても♪


袴は「正式なルール」はあまり考える必要ないかな、と私は思います。足元も草履だけではなく、ブーツを合わせますし、そもそも発想が自由ですよね。

たとえば、お母様の娘時代に着られていた少し振りの長い華やかな訪問着や小紋を合わせるのも素敵だと思いますよ。


これは私の母親の着物を袴に合わせたものです

hakama004hakama005

また最近は私服の学校の高校生や、小学生のご卒業式で袴を着用される方も多いです。


小学生用の袴レンタルもインターネットで見つけられます。身長が高め、例えば150cm以上あるお子様は大人用のものを検討されても良いかもしれません。いずれも袴はスカートと一緒で、着付けで丈を調整できないので身長に合ったものをお選びくださいね。


また学校や幼稚園の先生としてのお立場でご着用される場合は色無地や訪問着を合わせるのが一般的です。

hakama002_1hakama001


卒業式が行われる体育館は3月とはいえ、冷えることがあります。袴の下にはブーツであればタイツを、草履であればレギンスと足袋を合わせるなど工夫されてください。

肌じゅばんの下にはヒートテックを合わせても大丈夫ですが、衣紋から見えないように後ろ前に着たり、袖を織り上げるなどの処理が必要です。着付師とご相談くださいね。


次回は卒業式にご列席される方のお着物についてお話いたします。



[PR]
# by asaqoo999 | 2016-01-23 08:28 | 着付 | Comments(0)

成人式

昨日は成人式のお嬢方様のお着付けをさせていただきました。

何人お着付けしたか覚えていませんが、、どんどん華やかになっていくお嬢様たちを見られて幸せでした。
うちの娘の晴れ姿は19年後。楽しみに腕を磨いていきます!
e0277735_15224311.jpg

[PR]
# by asaqoo999 | 2016-01-12 15:25 | 着付 | Comments(0)

着付けのお仕事

今年も宜しくお願い致します。

先月より、レンタル着物やさんでお仕事を始めました。
一日にとにかくたくさんのお客様を着付けします。1日十人とか、、、お洒落着ちゅうしんではありますが、今までに経験のない人数です。
それだけに、とっても勉強になります。
レンタル着物なので、サイズが合っているとは限りません。様々な体型の方がいらっしゃり、またスピードも求められます。

e0277735_15235959.jpg
着付けのお仕事は毎回新しい発見があって、ずーっと続けていきたいお仕事です。

[PR]
# by asaqoo999 | 2016-01-07 20:08 | 着付 | Comments(2)

e0277735_19424291.jpg


e0277735_19430752.jpg


https://www.iichi.com/listing/item/708900?ref=f_hstry


e0277735_19433504.jpg


e0277735_19435186.jpg

https://www.iichi.com/listing/item/708884?ref=f_hstry




今年もカシミヤマフラーを織りました!




千鳥格子をアレンジしたチェック柄です。敢えて、機械織りでは出せない、ランダム柄にしました。




あぁ、チェックって奥深い…


同じ色を使っても織り出す順番が変わるだけで、前面に出てくる色が変わって全然違う印象になります。




ランダムにそれをすることで、巻いたときの出る柄によって印象が変わる、そんな効果を狙いました。




それと、カシミヤ糸ってやっぱり超高級…


カシミヤって動物がいるわけじゃないんですよね。


寒さの厳しいところに住む山羊さんの、毛の内部のやわらか〜い産毛をカシミヤとして糸に紡いでるわけで、


一頭からとれるのは僅からしいです。




市販の大量生産品のマフラーを視察すると、


とっても薄く作られているのですね。


原料費、メチャメチャかかりますからね〜


とっても縮絨して加工している様子。




今回、昨年よりも糸密度を濃くし、やや厚みのある、より温かく使えるものを目指しました。




寒い日は私もサンプル品を巻いてコツコツお仕事していますが、柔らかくて温かいです〜✨




ちなみにあと三枚、仕上がる予定です!



[PR]
# by asaqoo999 | 2015-11-17 19:41 | 手織り | Comments(0)